• 初心者におすすめのギター
    【70代男性】まさか!ギターがわずか30日でスラスラ弾けました!
    2017年10月7日
  • 弾き方
    ギターがうまくならない3つの原因!対策は?
    2018年2月8日
  • アコースティックギター
    アコースティックギター(初心者)の選び方とおすすめのギターはこれ!
    2017年8月28日
  • アコースティックギター
    誰でも簡単にできるギターの消音の方法!
    2017年10月12日




ギターボーカルはどんなギターを持てばいいのでしょうか?

一口にギターと言っても様々な種類があります。
また、メインのギタリストがどのようなギターを使用しているかによっても選ぶギターは変わってきますよね。
そこで、ギターボーカルをやっている方向けにどんなギターを選べばいいのか、そのコツをお話しします!

ギターボーカルに最適なギターとは?

ギターボーカルがまず考えるべきギター選びのポイントは2点あります。
まず1点目は「バンド全体のバランス」です。
あまり癖のある音を出すギターを選んでしまうと、バンドの音がおかしくなってしまう可能性があります。
ここは絶対に外してはいけません。

2点目は「ギターの重さ」です。
あまり重いものを選んでしまうと、ストラップを通して肩にものすごく負担がかかり、猫背気味になってしまうために、ボーカリストの命である「声」が出にくくなってしまいます。
例えば、音は非常にいいのですが「ギブソン レスポール」などは重さの点でいうとNGです。ボディががっしりと重たいので、よっぽどの肉体派ボーカルでない限りはおすすめできません。
バンドの音の厚みのためにボーカルがギターを弾くのはよくあることですが、音の厚みに気を取られて歌がおろそかになってしまっては元も子もないですよね。

では、どのようなギターが向いているか、いくつかおすすめを紹介します。

おすすめその1 フェンダー ストラトキャスター

ギターのスタンダードとも言える「ストラト型」のギターで、バッキングのギターからリードギターまで幅広く利用できる懐の深さがポイント。
エフェクターによって様々な音が作り出せますし、ボーカルが弾くバッキング用としてもとてもバランスがいいです。
お値段は日本製ですと5万円から。
アメリカ製ですと10万円程度からになります。

どちらを選ぶのかは迷うところですが、必ず楽器店に行って音を出してみましょう。
音の違いは「正直そんなに分からない!」となるかもしれません(笑)
そんな時は持った感じの抱きごごちで選びましょう。
さすがにそれだけのお値段の差がありますので、ネックを握った感じとか、指板の感触が違うのはわかると思います。
そこも「そんなに分からない」というのであれば、リーズナブルなものを選ぶのがいいでしょう。

ポールリードスミス(PRS)

以前はこのギターは何十万もした高級ギターですが
「SE」というリーズナブルなモデルであれば10万以下で購入することができます。
PRSのいいところはパワーがあるところ。
フェンダーストラトキャスターは「シングルコイル」と呼ばれるピックアップ(ギターの音を拾うマイクのこと)を載せていますが、PRSは「ハムバッカー」と呼ばれる、ギブソンレスポールと同じ種類のピックアップですので、レスポールが重くて断念していた人には特におすすめです。

選ぶポイント

ご紹介した2つのギターは全体のバランス、重さともに非常にいいところをついています。
この2つはどちらも買って「癖が強すぎてとがりすぎる」ということはありません。
白いご飯のように何にでも合わせることが可能です。
なので、あとは見た目を気にしましょう。
例えばメインのギタリストが赤いギターを持っていて、そこでボーカルが黄色を選んでしまうと、ちょっとコミカルな感じになってしまうでしょう(もちろん、そういうコンセプトで選ぶのであればオッケーです)

おすすめのギターとは?

ボーカルが持つギターはあくまでもメインギターの補佐がその役割になりますので、ここで「オレオレ感」を出すのは控えた方がいいかもしれません。
他のサイトではフェンダーテレキャスターをおすすめしているところもあるかもしれませんが、テレキャスターって僕も持っていますが、ちょっと独特の音色が出るために、他と合わせずらいところもあるようです。ちょっと玄人向けなのかもしれませんね。

まとめ

ギターボーカルのためのギター選びは、まずメンバーにも相談しましょう。
曲のアレンジをしているのはバンドメンバー全員です。
何も言わずにギターを選んで買ってしまうと、音を出してみて「何か違った!」ということになりかねません。高い買い物ですのでそれは避けたいところ。

特にギタリストには「ボーカルとしてなんのギターを持つのがいいのかな?」と聞いてみると、詳しく教えてくれます。
「何でもいいよ」という答えが返ってきたら、先ほどご紹介した、フェンダーストラトキャスターか、ポールリードスミスを考えてみてください。
そして、楽器店に行ってみて、実物を見て、触って、音を出させてもらって、そこで初めて自分に合ったものがどれかが分かります。
お値段も同じメーカー・ブランドでも本当にピンからキリまでありますので、くれぐれも無理のない範囲で、そして自分が納得できる妥協点を探してください。
お金に糸目をつけなければいいものを買えるのはもちろんですが、「今の自分に合っているかどうか?」を常に考えないと、無駄に高価なものを購入してしまうことになります。

以上の点を意識してギターボーカル向けのギターを選んでください。
あなたのギターライフが素敵なものになりますように!!



ギター購入なら 楽器販売大手の「石橋楽器店」がおすすめ! 楽器の品ぞろえは日本最大級! 中古商品は10,000点以上掲載!自分にあうギターが見つかると思います!
ギターの選び方の関連記事
  • リズムギターの選び方とは?おすすめは?
  • フィンガーピッキングに適したギター選びとは?
  • ギターボーカルの方のための最適な選び方!
  • ブルースを弾くためのギター選び!おすすめは?
  • 初心者におすすめのギターアンプとは?
  • アコギの弦の種類と特徴とは?初心者でもわかる選び方のポイント!
おすすめの記事