• アコースティックギター
    アコースティックギター(初心者)の選び方とおすすめのギターはこれ!
    2017年8月28日
  • 弾き方
    ギターがうまくならない3つの原因!対策は?
    2018年2月8日
  • 初心者におすすめのギター
    【70代男性】まさか!ギターがわずか30日でスラスラ弾けました!
    2017年10月7日
  • アコースティックギター
    誰でも簡単にできるギターの消音の方法!
    2017年10月12日





ギターは何歳からがベストでしょうか。

これは、ギターの弦に指が届くか否かと言う問題と、それに付随して、音符のコードを理解できるかと言う問題に分かれます。
つまり、物理的に不可能な年齢があり、また知能的に無理な段階があるのです。

なので、知性と、指の感覚が研ぎ澄まされるような、その一般的な子供の年齢と言うものがあり、その上で、広く普及されるべきギターの奏法と言うものがあります。

スポンサードリンク

始めるのに年齢は関係ある?

ギターを始めるのに、年齢は確かに関係はあります。

たとえば、乳幼児には、もちろん無理ですし、お年寄りも、脳の力が弱っていればまず無理です。なので、ちょうど、身体能力が鋭敏に動き、その音が感覚を作用するくらいの、鋭敏な精神性がひつようになります。

また、自分の作品であるギターの音を、同時でも、後にしても聞いたときに、それが上手いか悪いか判断できなくてはなりません。この、音への自己判定能力と言う点においては、芸術上の作用上の問題から、常に改善への努力を怠ってはならず、その次を求める思いや、より良い音の連続をと、意識を傾けなくては、やっていけません。

なので、年齢と言うものが、ギターに左右させるものとすれば、まっしぐらと言う意味での、求める思い。そして、判定と言う自分自身への厳しい音への管理感覚が必要になる訳です。つまり、子供じみた演奏には、注釈が入りますし、そして、大人であって、ある程度の力量が認められない場合は、公共で演奏することができません。
趣味の領域であっても、自己への改善努力が無ければ、家族からバカにされるだけです。諦めない年齢であることが、ギター層のいわゆるターゲット層になります。

ギターは何歳からはじめるのがベスト?

ギターは物理的に、ギターの重さを持てるかどうか、そして、弦を握る左手が、そのコード引きなりを、自由に操れるかどうか。そして、かき鳴らす、右腕が疲れないかどうかという、問題側面があります。

他の要素としては、つまり楽譜が読めるかどうかになります。
運動能力としては、ギターの弦を握る握力、右腕の前後左右の筋肉量、そして、楽譜を読めるか否かの、眼での速読。

こういった、運動神経に左右した力量であることが、言われますので、そのくらいのベストな年齢が決まる訳です。
果たして、年齢が若くて音楽が分かっても、指の長さや、ギターを持てるかどうかと言う、身長の問題は重なってきます。なので、いくら神童であっても、そのギターの重量に耐えられなくてはなりません。

そして、楽譜を読めるという事は、楽譜の他のパートを同時に聴きながら共演できるかどうかと言う問題も加味されますので、もし、ギターの仲間がバンドであれば、その仲の良さや協調性と言う点でも、大人らしい態度が必要になります。
音楽は、共演によって一番力を発揮しますので、怒ったり、すねたりすれば、他のバンドメンバーに迷惑がかかります。このあたりの、人間関係の作り方は、ギターを握る前に、既に出来上がっていなくてはなりません。

スポンサードリンク

遅くなって初めても大丈夫?

ギターの弦を握る左手に着目すれば、それは手の大きさと大きく関わってくるはなしになります。

ですので、小学校6年生ぐらいであれば、アコースティックギターや、エレキギターを何とか、弾けるくらいの手はあるかもしれません。これは個人差があるので、なんともいえません。
また、音楽を聴覚的に聞くという態度は、通常の音楽鑑賞のレベルではなく、音を細分化して理解できるかどうかと言う技量になります。それは、音の構造を耳で聴いてそれを理解し、そして、自ら打ち鳴らせるかどうかがポイントになります。
なので、ギターを弾くのに、遅すぎる年齢と言うものはありませんが、子供のように耳が良くなくてはならないのです。
そのため、耳で聞いた音に、純粋に芸術として感動できるかが、まずはじめ手であり、その上で、そのレベルに達そうとする強い欲求が必要になります。

自己満足のレベルでは、ギタリストにはなれませんので、その考慮された社会的感覚もひつようになります。
プロであることを目指そうとするのであれば、自らの道を想って、夢を描く小学校高学年のように、その幼いながらも、夢を追い続ける夢追い人でなくては、綺麗な演奏は不可能でしょう。ただし、夢ばかりを追っていては、仕事にはありつけません。

まとめ

ギターと言うのは、軽いタイプとして、クラシックギターがあり、次いで、アコースティックギター(フォークギターとも呼ばれる)そして、重量のあるものでは、エレキギターがあります。
それぞれ、スタンド演奏や、シッティング演奏がありますが、通常では慣れない態勢で演奏をする羽目になります。これは、姿勢の問題をクリアしなければならず、良い音を追求するなら、その立ち位置や、座り加減など、やはりスポーティーな側面のあるしごとになります。

スポンサードリンク





ギター購入なら 楽器販売大手の「石橋楽器店」がおすすめ! 楽器の品ぞろえは日本最大級! 中古商品は10,000点以上掲載!自分にあうギターが見つかると思います!
関連キーワード
弾き方の関連記事
  • ギターのアルペジオの選び方のポイント!上達するには?
  • 指痛い! ギターを弾いていて指が痛くなる原因と対策
  • ギターのワイヤレス比較!機能や値段は?
  • ギターは何歳からがベスト?遅くなっても大丈夫?
  • ギターがうまくならない3つの原因!対策は?
  • ギターは手が小さい人でも上達出来る!その方法とは?
おすすめの記事