• アコースティックギター
    アコースティックギター(初心者)の選び方とおすすめのギターはこれ!
    2017年8月28日
  • アコースティックギター
    誰でも簡単にできるギターの消音の方法!
    2017年10月12日
  • 初心者におすすめのギター
    【70代男性】まさか!ギターがわずか30日でスラスラ弾けました!
    2017年10月7日
  • 弾き方
    ギターがうまくならない3つの原因!対策は?
    2018年2月8日





ギターのアルペジオは和音を分解して弾くという奏法でバラード曲などでもよく用いられている奏法です。

アルペジオを用いると、ゆったりして美しくて素敵なメロディを奏でることができます。

そこで、ギターのアルペジオとは何かという点やアルペジオの選び方のポイントや上達するためにはどんなことが大切なのかという点についてご紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

アルペジオとは?

ギターでは右手は奏法に関わる手となっています。

アルペジオは分散和音といわれ、コードをばらばらに弾いていくギターの奏法のことをいいます。ギターの奏法には大きく分けて、まとめて弾くという方法と分解して弾くという方法の2通があり、アルペジオは和音を分解して弾くということを意味するのです。

そして、アルペジオのパターンはいろいろあるといわれ、2、3を組み合わせるとかなり上手に聞こえるといわれています。

本来、コードはコードを構成するのに必要な音であるコードトーンというものを同時に奏でることで和音を作るといわれていますが、そのコードトーンをルート音からばらばらに弾いていくのがアルペジオで、このアルペジオを引くと、ゆったりしたきらびやかさのあるメロディになって、バラードなどの時によく用いられたりしているのです。

アルペジオの選び方

ギターのアルペジオを選ぶ場合には次のような曲を選ぶのがおすすめです。練習曲にして練習していくといいですよね。ギターのアルペジオを選ぶ時には、まずは好きな曲でスローなテンポの曲を選びましょう。

アルペジオは曲を演奏しながら練習していくことになるので、練習曲は好きな曲を選ぶほうがいいですよね。何回も聞いて聴き慣れている曲ならアルペジオのズムも取りやすいですよね。アルペジオは難易度が高いといわれていますが、少々難しくても好きな曲なら練習も楽しいですよね。もし好きな曲がないという場合には、聴き慣れた定番曲などはおすすめです。

そして、ギターのアルペジオは、正確で素早いリズムでピッキングをしていくことが必要です。また、複数の単音をコードは弾くことも必要になりますので、スローなテンポの曲を選ぶことは大きなポイントの一つです。曲がスローなら余裕をもってピッキングもしやすくなって、正確性という点でもおすすめです。

そして、コードチェンジが容易な曲を選ぶということも重要なポイントといえます。複雑なコードチェンジのある曲だと、左手の動きばかり気になってしまって、細かなピッキングという右手の動きがおろそかになりやすくなってしまいますので、コードチェンジが容易な曲を選ぶようにししましょう。
そして、ある程度慣れてきたら難しいコードを練習し始めるといいですよね。

スポンサードリンク

上達するためには?

ギターのアルペジオの上達にはポイントがいくつかありますが、その中でも右手の弾弦の正確さにおいて右手のポジショニングはとても重要なポイントだと考えられています。ギターのアルペジオは右手のより細かい動きが必要になるので、初心者だと最初は難しいと思う人も多いのかもしれませんが、ギターのアルペジオを上達するためには練習を重ねていくことが重要なのです。

アルペジオではベース音がとても重要で、コードネームとベースで使う弦をセットで覚えるようにしましょう。そして、ベース音はコードのルート音を奏でるのに基本と考えられており、練習を行っていくことが大切ということです。
右手のフォームは正確性を高めるのにポイントといわれ、手の甲が動いてしまうと右手全体が不安定になってしまって、弾弦の正確性が低下してしまいます。その場合には小指をボディに置いて支えることで安定性を確保することができます。そして、正しいフォームを獲得するためにサム

ピックを使う習慣をつけるといいともいわれています。
親指はしっかり伸ばし、手の甲は安定させましょう。この時、親指は真っ直ぐ伸ばしてから少し反り返るくらいがちょうどいいといわれています。また、指と弦は垂直にしましょう。

アルペジオを弾く時には、同じ場所に右手の手のひらの小指側の側面を常に位置させるようにし、最初はゆっくりでもブリッジから横に指を出すように引くといいといわれています。手首を浮かせたままで弦を弾くと、指と弦の位置関係が一定にならず、アルペジオの右手の正確性が低い状態になってしまいますので注意しましょう。

まとめ

ギターのアルペジオでは和音を分解することで独特のメロディを奏でることができます。アルペジオで演奏するとゆったりとしたきらびやかな美しい音色の曲を演奏することができます。

ギターのアルペジオを練習する時には曲を選択し、繰り返しながら練習していきます。特に右手の正確性がアルペジオの上達においては重要なポイントだと考えられており、曲を選ぶ時にはスローテンポでコードチェンジが容易な曲を選ぶということがおすすめです。また、右手の安定したポジショニングも上達には重要なポイントといわれています。

スポンサードリンク





 

ギター購入なら 楽器販売大手の「石橋楽器店」がおすすめ! 楽器の品ぞろえは日本最大級! 中古商品は10,000点以上掲載!自分にあうギターが見つかると思います!
関連キーワード
  • 初心者でも安心!上級者でも満足のソロギターに最適なギター選び方とは?
  • ギターのアルペジオの選び方のポイント!上達するには?
  • ギターのワイヤレス比較!機能や値段は?
  • ギターの上手下手の基準とは?どんな違いがある?
  • 初心者におすすめのギターアンプとは?
  • 誰でも簡単にできるギターの消音の方法!
おすすめの記事