• 初心者におすすめのギター
    【70代男性】まさか!ギターがわずか30日でスラスラ弾けました!
    2017年10月7日
  • アコースティックギター
    誰でも簡単にできるギターの消音の方法!
    2017年10月12日
  • アコースティックギター
    アコースティックギター(初心者)の選び方とおすすめのギターはこれ!
    2017年8月28日
  • 弾き方
    ギターがうまくならない3つの原因!対策は?
    2018年2月8日
アコースティックギターの価格の違いとは?相場はどれくらい?




楽器屋さんでアコースティックギターを見ていてふとこんな疑問を持ったことはありませんか?

「なぜ同じような形をしているのにこんなに値段がちがうんだろう」と。

初心者のうちは音を聞いても善し悪しがわからなかったりと、ますます疑問が深まるばかりではないかと思います。

そんな疑問を解決するために、今回はアコースティックギターの値段による違いについて取り上げていきたいと思います。

それではご覧ください!!

スポンサードリンク

 アコースティックギターの価格

そもそもなぜ価格差が生まれるのか?

なぜ価格差が生まれるかというと、主に2つ理由があります。1つは木材やパーツによる価格差。もう1つは、有名ブランドの職人が製造することによる付加価値による価格差があります。

1つ目の木材やパーツの値段については、そのままの意味です。希少で良質な木材を仕入れるにはそれなりの費用がかかるので、原材料費がかかります。また、ギターのパーツに関しても同じで耐久性に優れ、経年劣化が起こりにくい良質なパーツは高価であり、これも費用がかかります。

もう一つの、ブランドによる付加価値については、日常生活で使う物のブランド品と同じ感覚で考えてもらって構いません。有名ギターメーカーのアコースティックギターは出来の善し悪しに関わらず、ブランドイメージが先行します。

そのギターのメーカーのギターを所持していることが、高級ブランドのバッグを持っているように、持ち主のステータスになります。ギターメーカーが長年良質なギターを消費者に提供し続け、ブランドイメージが築き上げられたが故の価格差ということになるでしょう。

 木やパーツがいいと何が良い?

良い木材やパーツを使ったアコースティックギターの長所を伝えていきます。

よく音が良いという言い方をする人がいますが、音の好みは人それぞれなので明確な長所にならないと筆者は考えています。流石に1万円と20万円のアコースティックギターでは、20万円のアコースティックギターの方が良く木が鳴り、音量が大きいといった違いがありますが、3万円から5万円台の安い東南アジアの木を組み合わせた木材を使ったアコースティックギターの音が好きな人もいると思います。

アコースティックギターを弾いていてあまり音の違いに拘らない人や、音の違いがあまり分からないという方も一定数います。木材やパーツによってわかりやすく変わることは、長い期間使えるかということと、チューニングが安定するかということでしょう。

アコースティックギターは木で出来ているので、当然湿気に弱く、年数が経つと徐々にネックという箇所が変形してしまいます。ネックとは右利きの人が左の指をおく細い部分の事であり、ここが反ってきてしまいます。反った状態になると演奏がしにくくなり。チューニングが安定しにくくなってしまいます。

しかし、高いギターは、塗装や木材の質のおかげで、反りが起こりにくくなっています。よって、定期的にメンテナンスにだす回数が減り長く使えます。

また、ペグというアコースティックギターのヘッド(ネックの先)についているパーツがチューニングの安定性に大きく関わっていて、良質なペグを使用しているのも長所になります。他にも違いはありますが、大きく変わる点は長く使用できるかどうかになります。

スポンサードリンク

 アコースティックギターの相場は?

有名メーカーのアコースティックギターは海外の物が多いので、価格は国際経済情勢によって変化しますので大まかな価格帯で伝えていきます。

1~3万円 初心者向けのアコースティックギター。作りの粗いものも一定数あるが、普通に使用は可能。

4~7万円 有名メーカーの廉価版や傘下の会社のアコースティックギター等がある。ライブハウスに出演する際や中級者は最低限ここの価格帯のギターが望ましい。

8~15万円 国産ギターの最高品質やギブソンといった有名メーカーも下位モデルのアコースティックギター等がある。

15万円~  ここからの価格帯は下が20万円台くらいから購入できる海外有名メーカーのアコースティックギターや100万円を超える超高級アコースティックギターまで幅広い。
ネットでギターを購入するなら楽器販売大手の「石橋楽器店」がおすすめ!
楽器の品ぞろえは日本最大級!
中古商品は10,000点以上掲載!自分にあうギターが見つかると思います!

>>石橋楽器店でギターを探してみる

style="color: #000000; font-family: 游明朝; font-size: medium;">まとめ

アコースティックギターは価格によって長く使えるようになります。しかし、扱いはデリケートにもなってくるので、初心者のうちは一回安いギターを持ってみたほうが良いかもしれませんね!!

スポンサードリンク





 

ギター購入なら 楽器販売大手の「石橋楽器店」がおすすめ! 楽器の品ぞろえは日本最大級! 中古商品は10,000点以上掲載!自分にあうギターが見つかると思います!
関連キーワード
  • ギター選び(中級者編)どんなものがいい?価格や特徴を紹介!
  • フィンガーピッキングに適したギター選びとは?
  • ブルースを弾くためのギター選び!おすすめは?
  • ギターの上手下手の基準とは?どんな違いがある?
  • 初心者におすすめのギターアンプとは?
  • 誰でも簡単にできるギターの消音の方法!
おすすめの記事