• アコースティックギター
    誰でも簡単にできるギターの消音の方法!
    2017年10月12日
  • 初心者におすすめのギター
    【70代男性】まさか!ギターがわずか30日でスラスラ弾けました!
    2017年10月7日
  • アコースティックギター
    アコースティックギター(初心者)の選び方とおすすめのギターはこれ!
    2017年8月28日
  • 弾き方
    ギターがうまくならない3つの原因!対策は?
    2018年2月8日

みんな人気のある楽器と言えばギターがあります。
ギターを弾いている人も数多くおり、学校の部活や音楽好きの人たちが集まって楽しむ際にもギターはよく使われます。
ギターを弾くのは難しいと思っている方もいますが、楽器は練習することによってある程度は弾くことができるようになるので、練習することが大事になります。

ギターを弾くときにコードを読んで弾くのですが、パワーコードと呼ばれるコードがあります。

パワーコードとは一体どのようなものなのか知らない方もいると思うので、今回はそのことについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

パワーコードとは?

パワーコードとはコードの構成音からルートの音と5度の音だけを弾く奏法です。

パワーコードはロックギターには欠かせない奏法となっています。
パワーコードの弾き方は和音がパワフルであり、哀愁を感じさせる響きとなっているからです。
単音では寂しいと思うときにパワーコードを使用することが多いです。

パワーコードを使用することにより音楽に激しさを加えることができるので、パワーコードを使用することは音楽で自分を表現したいときに重要な弾き方だと言えます。

押さえ方とは?

パワーコードの押さえ方ですが、パワーコードは6本ある弦の内の2本、または3本を使って弾いていきます
パワーコードは引く際に抑えている弦以外の人差し指の腹で抑えてミュートにします。

また、パワーコードに入っている音以外を消音にしてストロークやピッキングをします。
右手で引く際に力強く弾くことでパワーコードの特徴である力強さを出すことができるので、右手で力強く弾く感じで弾くこともポイントになります。
パワーコードをはブラッシングとも合わせて使われるので、効果的なブラッシングも一緒に組み合わせるとさらにパワーコードを生かした音を出すことができます。

スポンサードリンク

練習方法とコツは

パワーコードを練習するためにはまずは押さえ方から練習する必要があります。
パワーコードの押さえ方は6弦と5弦を押さえるだけで良いので難しくはありません。

動画や画像で見ると直ぐに分かるので、押さえ方の練習は時間がかからず直ぐにできるはずです。
その押さえ方に慣れてきたら人差し指の側面で余計な弦に触れるように意識してみることができます。
人差し指で触れることにより余計な音が出にくくなるからです。

押さえ方に慣れれば、実際に弾いてみます。

TBA譜のテンポだと右手は全部ダウンピッキングのみで弾き切ることができます。

まずはダウンピッキングのみで弾いてコツをつかんでいくのが良いと思います。
6弦と5弦のパワーコードからダウンピッキングで練習していき、次に5弦と4弦のパワーコードで練習をします。

そして最後に上下移動が加わったパワーコードで練習することにより、基礎は学ぶことができるはずです。
これらの練習をしてコツをつかむには力強く弾くことを意識することです。
力強さが特徴なためしっかり弦を押さえることも大事になりますが、力強く弾くこともとても大事になるので、その点を意識すると良いです。
音が合っているのか確認したいときは、動画などで音の確認を行なっていくとよりパワーコードを正確に練習していくことができるはずです。

スポンサードリンク

何が難しいか

パワーコードは比較的簡単だと言われていますが、難しい点でいうとミュートのやり方かもしれません。
5弦ルートと6弦ルートも人差し指で押さえていない弦を人差し指で軽く触れるのがミュートですが、5弦ルートの場合は6弦ルートを抑えるのがちょっと難しいです。
人差し指の先っぽで軽く触れるようにすることがコツだと言えますが、直ぐにできず時間がかかる場合があるので、最初できない場合はミュートをせずに練習していくのも1つの方法と言えます。
パワーコードの場合はミュートを正しく行うのに難しさを感じると思います。

どれくらいの練習が必要

パワーコードを練習して弾いていくには個人差もあるため、どれくらいで弾くことができるのかは人それぞれ違いがありますが、目安としては1日に2時間ほど練習して毎日続けていけば、2、3ヶ月で上達してくると思います。

弾き始めた初心者の場合は指が痛くなって血豆ができる場合もありますが、そういったことに諦めず続けていくことが大事になります。
毎日練習すればするほど上達の期間は速くなってくると思います。

まとめ

ギターのパワーコードは音に力強さを加えるときに必要な弾き方です。
パワーコードは抑える弦が少ないため比較的簡単だと言われていますが、上達していくには練習していく必要があります。

パワーコードを上達していけばギターを弾く際にさらに音に変化をつけることができるので、ギターを弾くのがさらにおもしろく感じることができるようになるはずです。
ぜひ、パワーコードを練習してギターの魅力をさらに引き出すことができるようにしてください。

p

 

 

ただ、実際には5、6本弦を使用して弾くパワーコードもあるので

ギター購入なら 楽器販売大手の「石橋楽器店」がおすすめ! 楽器の品ぞろえは日本最大級! 中古商品は10,000点以上掲載!自分にあうギターが見つかると思います!
関連キーワード
弾き方の関連記事
  • ギターのアルペジオの選び方のポイント!上達するには?
  • 指痛い! ギターを弾いていて指が痛くなる原因と対策
  • ギターのワイヤレス比較!機能や値段は?
  • ギターは何歳からがベスト?遅くなっても大丈夫?
  • ギターがうまくならない3つの原因!対策は?
  • ギターは手が小さい人でも上達出来る!その方法とは?
おすすめの記事